不動産売却と不動産買取の違いって?|横浜市の賃貸はヨコハマホーム


不動産売却 不動産買取の違いって?



売却と買取・・・違いとは

売主の方が一般の方に向けて売主の希望価格で売りたい!
売主の方が不動産会社に向けて早く確実に売りたい!
売却と買取の3つのポイント
時間

ゆっくりと時間をかけて、ご売却が可能です。
次の住み替え先・買い替え先も販売時間中にじっくりと探す ことができます。

不動産をスピーディーに売ることが可能です!
早く物件を決めたい方やお金が早く欲しい人にぴったりです。

金額

お客様の希望価格で売ることが可能なので、相場価額とは関係なく、売却することが可能です。

金額面での融通は相場価格などの影響により難しくなりますが、確実にお金が入るので安心して売ることが出来ます。

安心

一般の方と直接やり取りをするので、予期しないトラブルが起きることがあります。
当社ではそういった問題が起きないよう、しっかりとフォローいたしますのでご安心ください!

買い取らせていただいた物件に関しましては、責任を持って対応をいたしますので、安心してお任せ下さい!

売却と買取 実際の流れ
 
お電話や仲介会社へ売却をする場合の目安額として、査定依頼をします。 お電話もしくはこちらの査定フォームにより弊社で買取価格を算出する依頼をしていただきます。
売り出しをする際の制約想定価格の提示を行います。
あくまで想定の金額であるので、実際の相場価格や売れ行きの状況により、実際に販売を開始してから変動があります。
頂いた情報をもとに、お客様の弊社で算出いたしました金額をご連絡いたします!
実際に買手を探すために行動を起こす時期です。
買い手をさがすためのチラシや情報誌への掲載を行い、お客様が問い合わせを直接受けます
このときに購入するお客様とお話をいただきますが、決まる時期などは人によって様々です。
 
値段の交渉や売買条件の相談をうけ、条件を話しながら売買の内容を決めていきます
このときには、買主様のご要望を聞くことがメインとなっていきます。
 
購入する買主様が銀行から実際借入れすることが出来るのか、審査を行います。
審査の内容によっては価格が変動する場合もあるため、重要な段階といえます。
 
契約時に手付金の受領を行います。
引渡しのときまでに白紙解除となった場合は、手付金を返還し、いちから買主様を探す必要が生じます。
契約時に手付金の受領をします。
ローンなどの突然の白紙解除の心配はありません!
安心してお任せ下さい。
売買代金の残代金を買主様より受領し、名義を買主様に移転する手続きを行います。 残りの代金を全て支払います。
名義は当社に移転しますが、住み替えといったご都合で引渡しが出来るタイミングを変更したい場合は、一度ご相談下さい。
隠れた欠陥や故障といった瑕疵が合った場合、一般的には2・3ヶ月以内はお客様の負担となる場合があります。
残金を受領してもアフターケアーの必要があります。
物件に欠陥・故障といった瑕疵が合った場合でも引渡し後の責任は一切ありません。
安心して売却代金をご利用下さい!

物件の売却に関するお問い合わせはこちら!


ヨコハマホーム TOP 来店予約・お問合せ